読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FULLHOLIDAY

私の価値観。

7,528万キロの星でサバイバル。「オデッセイ」

              

                オデッセイ(字幕版)

あらすじ

人類による有人火星探査ミッション<アレス3>が、荒れ狂う嵐によって中止に追い込まれた。ミッションに参加した6人のクルーは撤収を余儀なくされるが、そのひとりであるマーク・ワトニーは暴風に吹き飛ばされ、死亡したと判断される。しかしワトニーは奇跡的に生きていた。独りぼっちで火星に取り残され、地球との交信手段もなく、次にNASAが有人機を送り込んでくるのは4年後。サバイバルに不可欠な食糧も酸素も水も絶対的に足りない。そのあまりにも過酷な現実を直視しながらも、ワトニーは決して生き延びることを諦めなかった。やがてワトニーの生存を知って衝撃を受けたNASAや同僚のクルーは、地球上のすべての人々が固唾をのんで見守るなか、わずかな可能性を信じて前代未聞の救出プランを実行するのだった……。 

映画『オデッセイ』オフィシャルサイト| 20世紀フォックス ホーム エンターテイメント

 

 最近オデッセイを見たのですが、すごく見応えがあった映画でした。

火星に取り残されたマーク・ワトニー、普通なら絶望で死を覚悟するでしょう。

でもマーク・ワトニーは違かった。地球に帰れると信じて、火星でサバイバルをした。

最初から最後までドキドキした映画です。

 

 

広告を非表示にする
にほんブログ村 雑貨ブログ いろいろな雑貨へ
にほんブログ村 良ければクリック願いします!