FULLHOLIDAY

私の価値観。

初代のRetinaモデルから2016年のMacBook Proに変えて思った10個のこと

f:id:mima1solt2sugar3:20170513014441p:plain

2012年の初代Retinを最近まで使っていて今回MacBook Proを新しくしました。やはり新しいパソコンはいいですね。綺麗だし、早いし。ですがやはり違和感や思った事があったので書いていきます。

目次

 

ものすごく浅いキーボード

MacBook Pro2012年モデルは発売当初キーストロークは浅めと言われていたが、MacBook Pro2016年モデルはさらに浅いです。感覚としては、普通のトラックパットを小さくした物を押した感じだ。(触った事がある人はわかるはず)私の入力に力が入っているのか、この文章を入力しているあいだ指先が地味に痛い。

この感触は慣れるのに時間がかかりそう。

独特なキーの音

トラックパットを小さくしたような感じと言ったが、音もトラックパットをクリックした時のような音がします。カタカタと鳴りちょっと気になるなと思いました。2012年のMacBook Proよりうるさいです。

大きいマウスパット

マウスパットがとにかくでかい。そこで思うことが入力していてポインターが動いてしまうのではないか?という問題がありますが、Macは基本的にキーボードの入力をしているとマウスは無効化されるので、ポインターが動くことはありません。しかし感圧パットを搭載しているので、従来のタッチパットより軽く押せるので反応する場合があります。

私は不憫に感じた事はない、むしろ大きくなって扱いやすくなりました。

姿勢や癖で押してしまう人がいるかもしれません。

 

そういった場合の対処としてはBluetoothのマウスを使い

設定→アクセシビリティ→マウスとトラックパット→[マウスまたはワイヤレストラックパットがある時には内臓トラックパットを無視]

にチェックを入れることで回避する事は可能です。

f:id:mima1solt2sugar3:20170513002333p:plain

TouchBarの便利さ

今回から搭載しているTouch Barは便利だと思う。

Safariを開いたら検索バーが出てきたり、

f:id:mima1solt2sugar3:20170513003847p:plain

YouTubeを見ている時はジークバーが出てきたり、

f:id:mima1solt2sugar3:20170513003929p:plain

もちろん従来のファンクションキーも表示します。

f:id:mima1solt2sugar3:20170513004006p:plain

アプリに応じた物が表示されていて便利です。物理キーとは違い押した感触は感じれないが、今後いろいろなアプリケーションが出てくるか楽しみです。
ちなみにTouch Barのスクリーンショットは[sift+command+6] で撮影可能だ。

そして一番便利なのがTouchIDだ。

アプリをダウンロードをする時、ロックを解除する時にいちいち入力しないで済むので、とても楽です。

ですが少なからず欠点も感じ、数字を打つときにタッチバーTouch Barに触れて、ミュートになったりしました。

ボディが軽い

2012年モデルは2.56キロ、2016年モデルは1.83キロで730グラムも違い、持ち比べるだけでMacBook Pro2017年モデル軽いとわかります。

私は布団の上で仰向けになりながら扱う事もあるので、この差はかなり大きい。

MagSafeは無くなったがこれはこれで便利だ。

2016年モデルからMagSafeが無くなって不便に感じる人もいるみたいですが、私は逆に便利だと思う。

 そしてUSBType-Cが左右に2個づつ計4個付いていてどこでも充電可能なので、ケーブルに負荷のかからないように出来る。

だがApple純正のケーブルなのでいずれ充電できなくなりそう。

 

MagSafeの時はケーブルが断線してしまったら、2万円する充電器を買わなければいけなかったが、2016年モデルからケーブルだけ交換できるので、もし断線してしまっても出費がかさむ事はないだろう。

そして車に付いている携帯を充電する所からも給電可能で、(充電は不可)Iphoneを充電するイメージに近いです。

充電器を忘れた時でも、ケーブルがあればどこでも給電できるのは便利そう。

鏡面仕上げのロゴ

 

過去にロゴについて前に書いたのですが、想像以上に鏡面です。やろうと思えば鏡として使用可能。

これはこれで悪くないのではないかと思います。

いい意味で大人っぽく悪い意味で面白くない。大人っぽくなったMacBook Proもいいのではないでしょうか?

もちろん処理速度は上がった

試しにmainecraftを起動したがフレームレートは60psで安定していました。

ですが5分位遊んでいるとTouchBarの上らへんから、熱を感じました。

2012年モデルはさすがにもう動かすだけで精一杯でした。

私が購入したのは2012年はintelCore i72.3GHzクアッドコア、2016年モデルはintelCore i72.6GHzなのですが、体感で感じるほど早いです。

空間を感じる音

あまり期待していなかったのですが、音質が良い。映画など見ていると後ろから聞こえるように感じました。

IMacのような鳴り方をがしました。低音が響くといったような特徴は無いが、オールラウンドに対応した味付けです。

目に優しいディスプレイ

MacBook Pro2016年モデルからMacBook Pro2012年モデルに一旦戻どしてみると、液晶の色あいが違うなと思いました。通常ならMacBook Pro2012年モデルの方が年劣化とともに黄ばむのですがそれ以上に黄ばんで見えました。ブルーライトカットなのかMacBook Pro2016年モデルの方が目に優しく感じました。

最後に

今回見送るとといった声もあるが、私は購入して良かったと思います。最後に

一番感動したのがタッチバーですね。今後使いこなしてみたいです。

そしてキーが浅い事に慣れるのは結構時間がかかりそうです。

これもMacBook Proを軽量そして薄くする為の技術なんだなと思いました。

今後キーボード感触はモデルチェンジで改良されたらいいなと思います。

sauce:MacBook Pro - Apple(日本)

 

 

にほんブログ村 雑貨ブログ いろいろな雑貨へ
にほんブログ村 良ければクリック願いします!